WEBデザイナー

藤原 結生花Yuka Fujiwara

2018年入社

バイタリティーの高さに惹かれて。

学生時代はグラフィックデザインを中心に様々な表現手法を学んでおり、デザインやものづくりに携われる会社を中心に就職活動をしていました。その中でも、デザインに一際こだわりを感じたのが関西不動産販売でした。広告やホームページ、さらにはバッグやカレンダーなどのノベルティ、年賀状まで自社のデザイナーが制作しているというこだわりやバイタリティーの高さに惹かれました。また、入社一年目から広告やノベルティの制作に携わり、様々な経験と挑戦ができる点も魅力的でした。

未知なことほど面白い。

私は今、主に自社ホームページの制作を担うWEBデザイナーとして働いています。学生時代はグラフィックデザインを中心に学んでいた私にとって、WEBデザインは未知の分野でした。しかし、上司や先輩にひとつひとつ丁寧に教えてもらいながら、入社から一年経った今では大きなプロジェクトにも携われるようになりました。学ぶことが多い分、日々自分の成長を感じることができ、やりがいを感じています。インターネットが強い影響力を持つ時代だからこそ、さらに経験を積んで、自信を持って「私は関西不動産販売を支えるWEBデザイナーだ!」と名乗れるようになるのが目標です。

プロフェッショナルが集まる刺激的な現場。

私はスタジオ・カーサというデザイナーやカメラマンなど各分野のプロフェッショナルが在籍する店舗に勤務しています。社員同士の距離が近く、笑顔が絶えない職場です。先輩や同僚はそれぞれの得意分野を活かしつつ、協力してさらに良いものを作ろうという熱意のある人たちばかりです。また、自分でも気づいていない個性を引き出し、それを伸ばし育てる環境があります。例えば、私が未経験でWEBデザインの分野に挑戦しているように、イラストやキャッチコピーなど、個性を見出されて新たな分野に挑戦している者がたくさんいます。そんな人たちが集まっているからこそ、互いにいい刺激を与えあって、成長できる環境だと感じています。

「魅せるデザイン」を目標に。

在学中、様々な制作物を作ってきましたが、当時は作ること自体に意義を感じていたと思います。その為、入社したばかりの頃は自分の作りたいデザインと、お客様の求めるデザインのギャップに戸惑うこともありました。しかし、デザインはお客様と関西不動産販売を繋ぐ架け橋だと経験を以て理解し、今ではデザインのその先にいるお客様のことを考えた良いデザインを作るよう心がけています。それに気づけたことが、成長の証ではないかと思います。お客様を常に意識した「魅せるデザイン」が今の目標です。

「これまで」の自分と、「これから」の自分。

就活をしていた時のことを振り返ると、自分自身ときちんと向き合う良い機会だったなと思います。これまでの自分と、これからの自分についてじっくり考えることが出来たからこそ、今の頑張れている自分があるのだと実感しています。今だけの特別なこの時間をめいっぱい使って、自分のことを考えてあげてください。その時間はこれからのあなたを導く助けとなるはずです。

「これまで」の自分と、「これから」の自分。

就活をしていた時のことを振り返ると、自分自身ときちんと向き合う良い機会だったなと思います。これまでの自分と、これからの自分についてじっくり考えることが出来たからこそ、今の頑張れている自分があるのだと実感しています。今だけの特別なこの時間をめいっぱい使って、自分のことを考えてあげてください。その時間はこれからのあなたを導く助けとなるはずです。