設計士

古津 萌音Mone furutsu

2018年入社

ここでなら私らしい仕事ができるかもしれない。

住まいに関する仕事がしたくて、設計の道を志していました。関西不動産販売のホームページを見てみると、オシャレで個性的な住宅の施工例がたくさん載っていて、一目で惹かれました。物件ごとのページも、お客様の目線に立った分かりやすい構成になっていて、お客様を大切にしている会社なんだなという印象を受けました。面接を受けた時のことも良く覚えています。面接官が私が話しやすいよう敢えて和やかな雰囲気を作ってくれて、おかげで緊張せず自分の伝えたいことをしっかりと伝えることができました。その方が私の今の上司なのですが、とても印象に残っています。ここでなら私らしい仕事ができるかもしれないと思い、関西不動産販売を選びました。

なんでも挑戦できる会社。

私の仕事は設計ですが、ただ机に向かって平面図や立面図などの図面を書くだけではありません。実際に現場に足を運び自分の目で基礎がどうなっているか確認したり…着工前の基礎図を書いたりします。また、照明配線図といって、照明の配線やスイッチの位置などを示す図面を書くこともあります。図面を書くのは簡単ではありませんが、お客様が何十年もお住まいになる住宅に携われることにやりがいを感じます。

入社して思うのは、何でも挑戦できる会社だということです。色々な事に挑戦したい方は特に向いている会社だと思います。

先輩たちに刺激を受けながら。

私の所属する建築系のセクションは、15期から部署名が変わりました。部署名には「synergy(シナジー)」という言葉が入っていて、これには「相乗効果」という意味があります。今まで設計・コーディネート・施工とそれぞれ独立したセクションだったものを、セクションの壁を取り払うことでより連携しやすく、そして相乗効果を生み出せるように…という意味が込められています。私が勤務する本社オフィスは部署名に違わず、風通しの良さが魅力です。建築のプロたちが年齢や役職を問わず相談し合い、時には本気で議論します。より良い家を作りたいという先輩たちの熱意に刺激を受けながら働いています。

限りある時間。

社会人になって一番成長したなと感じるのは、時間を有効に使えるようになったことと、周りを見れるようになったことです。仕事には必ず納期があり、限られた時間で図面を書かなければいけないので、時間は有限だということを強く意識するようになりました。また、周囲の状況を把握して、出来ることを見つけることも大切なことだと感じています。

自分がどう感じるかが大切。

就活中は、面接や説明会に参加したり、何枚も履歴書を書いたりと忙しいですよね。忙しいのでネットでだけ情報収集して説明会には行かない…ということもあるかもしれません。でも、これってあまりにもったいない!少しでもいいなと思った企業の説明会は、ネットで完結せず絶対に行くべきだと思います。直接見て、聞いて、話して…他人の感想や意見ではなく、自分がどう感じるかが一番大切です。そうして企業との出会いを広げていけば、皆さんに合う会社がきっと見つかるはずです。最後の学生生活も楽しみながら、気負わず自然体で頑張ってください。

自分がどう感じるかが大切。

就活中は、面接や説明会に参加したり、何枚も履歴書を書いたりと忙しいですよね。忙しいのでネットでだけ情報収集して説明会には行かない…ということもあるかもしれません。でも、これってあまりにもったいない!少しでもいいなと思った企業の説明会は、ネットで完結せず絶対に行くべきだと思います。直接見て、聞いて、話して…他人の感想や意見ではなく、自分がどう感じるかが一番大切です。そうして企業との出会いを広げていけば、皆さんに合う会社がきっと見つかるはずです。最後の学生生活も楽しみながら、気負わず自然体で頑張ってください。