施工管理

甲斐 弘祐Kousuke Kai

2016年入社

お客様や作り手にもわかりやすい仕事を。

私は高校を卒業し設計士になることを目指して学校に通っていました。

この会社に入りたいと思った理由は2つあります。一つは若いうちに出来るだけ沢山の経験がしたかったので、設計・施工から販売まで一貫している関西不動産販売の事業内容が自分に合っていたことです。もう一つは私自身、器用で自信家なわけではないので、採用HPにあった、「不器用でも一生懸命努力できる人を応援する」という言葉で自分でもやっていけるのではと思えたことでした。

私は元々設計士志望でしたが、図面を引くにはまず現場を知るべきだと思い、施工管理として入社しました。実際に家を建築する大工さんや職人さんの仕事を見て、施工に直接関わって、現場での人間関係を作っておくことが大切だと思ったからです。

職人さんが図面を形にしていく姿は本当に格好良くて、学ぶ部分が多くあります。その中で、図面を引くときはお客様には勿論ですが「作り手」にもわかりやすく描くことが大切だと学びました。

防げる失敗をしないために。

入社する前に新入社員研修があるのですが、その時「ホウレンソウ」という言葉を習います。「報告・連絡・相談」の略で、「仕事の基礎」としつこく教わりました。私は半信半疑で一応「関係ないだろう。大したことではないだろう」と思いながらも上司に伝えるようにしていましたがこれが出来ていたことで、上司が私の失敗に気づき未然に防げたことがありました。研修は座学が中心になるので、実践では「役に立つのかな」と思うこともありましたが、防げる失敗をしないように教えて頂いていることがよくわかりました。

何事も『慎重』に『忍耐強く』。

社会人になると覚えることが多くて、学生の頃過ごしていたような時間は取れなくなります。社会人には社会人の面白さはありますが、学生の頃とは違うので学生だからこそ出来る体験は色々しておく方がいいと思います。

私は5歳から書道を始め大人になるまで続けてきました。高校生で始めたアルバイトも学校を卒業するまで5年間続けてきました。何事も慎重に忍耐強くが「成果」と「信頼」に繋がるのだと思います。

何事も『慎重』に『忍耐強く』。

社会人になると覚えることが多くて、学生の頃過ごしていたような時間は取れなくなります。社会人には社会人の面白さはありますが、学生の頃とは違うので学生だからこそ出来る体験は色々しておく方がいいと思います。

私は5歳から書道を始め大人になるまで続けてきました。高校生で始めたアルバイトも学校を卒業するまで5年間続けてきました。何事も慎重に忍耐強くが「成果」と「信頼」に繋がるのだと思います。