インテリアコーディネーター

堅田 美理Miri Katata

2019年入社

『人を見る会社』。

就職活動中は、職種や業界を絞らず色々な企業を見てきました。選考もたくさん受けましたが、志望理由や就職後の展望を問う企業が多い中で、私という人間がどんな価値観を持つ人間なのか、何を感じて、どんな人と関わってきたのか、そしてそこから何を得たのか…私自身に関する質問をしてくれたのは、関西不動産販売だけでした。面接の中でこの会社は「人を見てくれる会社」なのだと感じた時に、この会社に入社したいと思いました。

『勉強し続ける』=『成長し続ける』。

家づくりは、様々な職種のスタッフが連携して行います。インテリアコーディネーターはお客様との窓口となりながら、スタッフ間の折衝を行う役割を担っています。その為、建築の知識はもちろんのこと、コミュニケーション能力や、円滑な人間関係を築く為の気遣いなど、様々なスキルを必要とします。コーディネートにも流行り廃りがありますし、お客様のニーズも十人十色です。効率的にお打ち合わせを進める為には、広い分野の知識を身に着け、スピーディーに対応することが求められます。その為の勉強が不可欠です。そうして、「勉強し続ける=成長し続ける」ことができるのが、私の仕事のやりがいです。

距離感の近い職場。

インテリアコーディネーターは、毎朝オフィスで自由に席を選んで座るフリーデスク制です。日によって、隣で仕事をする人が変わるんです。そのおかげで、色々な人と近い距離で働くことができます。距離感が近い分質問もしやすい環境ですし、年の近い女性が多いので、仕事以外のお喋りをするのもとても楽しいです。入社したての頃は緊張しましたが、自分の空間を作ることができるようになれば、どんどん働きやすいオフィスになっていくと思います。

広い視野で全体を見渡す力。

最初の頃よりも、広い視野で周囲を見れるようになったと思います。先輩たちがどんな動きをしているか、何か困ってはいないか、自分に手伝えることはないか…常に気にかけるようにしています。「何か手伝いましょうか?」「私にできることはありますか?」と積極的に声をかけるうちに、自然と人間関係が構築されていきます。お手伝いさせてもらうことで、自分自身の勉強にもなります。継続すれば、お客様とのお打ち合わせの中でもきっと活きてくると思います。

前進するのみ。

就活中は漠然と将来に不安を抱いていて、「この先何十年働く会社を、たった数か月のうちに決めなくてはならないのか」と、焦りを感じていました。しかし、就活を終えた今では、その漠然とした不安に向き合うための貴重な時間だったと感じています。就活ほど、自分や自分の将来について真剣に考える機会はそうないですから、どんなに考えても考えすぎということはないと思います。まずは、興味のある企業の説明会に参加してみる、しっかりと準備をして選考へ臨む。当たり前のことですが、当たり前のことが出来る人は意外に少ないのではないでしょうか。当たり前のことを積み重ねていけば、それがきっと自信になるはずです。選考では、自分自身のことを正直に話してみてください。就活は、企業とあなたとの相互理解の場です。自分をさらけ出せば、お互いにミスマッチを防ぐことができます。人と比べる必要は、まったくありません。就活を、自分自身を見つめなおし、新しい自分を発見するいい機会と捉えて…あとはもう、前進するのみです。就活、頑張ってください!

前進するのみ。

就活中は漠然と将来に不安を抱いていて、「この先何十年働く会社を、たった数か月のうちに決めなくてはならないのか」と、焦りを感じていました。しかし、就活を終えた今では、その漠然とした不安に向き合うための貴重な時間だったと感じています。就活ほど、自分や自分の将来について真剣に考える機会はそうないですから、どんなに考えても考えすぎということはないと思います。まずは、興味のある企業の説明会に参加してみる、しっかりと準備をして選考へ臨む。当たり前のことですが、当たり前のことが出来る人は意外に少ないのではないでしょうか。当たり前のことを積み重ねていけば、それがきっと自信になるはずです。選考では、自分自身のことを正直に話してみてください。就活は、企業とあなたとの相互理解の場です。自分をさらけ出せば、お互いにミスマッチを防ぐことができます。人と比べる必要は、まったくありません。就活を、自分自身を見つめなおし、新しい自分を発見するいい機会と捉えて…あとはもう、前進するのみです。就活、頑張ってください!