グラフィックデザイナー

西垣 智泉Tomomi Nishigaki

2017年入社

お客様の人生に関われる仕事に魅力を感じて。

私は絵を描いたり、何かを創り出すことが好きな子供でした。それを誰かに褒めてもらったり、描いて!とお願いされることが嬉しくて、就職活動を始めるずっと前から芸術やデザインの分野で働きたいと思っていました。就活中は様々なデザイン事務所の求人を見ましたが、マイホームの購入というお客様の人生の一大イベントに関われる仕事に魅力を感じ、関西不動産販売を選びました。むしろ、当社以外一社も面接を受けに行きませんでした(笑)そのくらい魅力的だと思っていましたし…ほとんど直感でしたね。

自分の広告のおかげで。

私は当社の分譲物件の広告を制作しています。新たに売り出す商品のイメージとなる広告を作ることは難しく、同じ商品はないので毎回頭を悩ませます。そんな時は、「こういうイメージでやってみたい」と上司へ相談するのですが、的確なアドバイスをくれたり、時には一緒に悩んでくれたり…経験豊富で温かい上司に助けられてばかりです。それでも、経験を積むにつれて、私が後輩にアドバイスする場面も増えてきました。デザイナーとして自身の成長を感じられることが嬉しいですね。

完成した広告は、エリアごとに数十万単位で配布されます。お客様がその広告を持って店舗や物件にいらっしゃったと営業さんから聞いたときは、とても嬉しかったのを覚えています。他社からの広告もたくさん入る中で、当社の広告に魅力を感じていただけたということですから、デザイナー冥利に尽きます。

風通しがよくやる気につながる職場。

私の職場は、ビシッと決める時、和気あいあいとする時…オンオフの切り替えがしっかりしていて、それぞれがのびのびと仕事に取り組める環境です。私はよく飼っている猫の話をしながら作業をしています(笑)前述したように、各分野のデザインに精通した経験豊富なデザイナーがたくさんいます。そして、自分のデザインに対して、もっとこうした方が、こういう物件はこういう見せ方が、と的確なアドバイスを貰うことができます。風通しがいいので、「こんなことをしてみたい!」というアイデアも発信しやすい雰囲気です。それに対して改善点を助言されることはあっても、「ダメ!」と言われることはないので、次はもっといいアイデアを!とやる気に繋がります。

発見の多い毎日。

私は学生時代からリーダーを支えるサブリーダー的なサポート役を担うことが多く、自分でもそのポジションが得意なのだと思っていました。しかし、チームのリーダーとして後輩をまとめながら制作する機会があり、それが思い込みだったと気づかされました。後輩のデザインにアドバイスをしたり、個々人の適正と効率を考えた采配を心がけたり…リーダーとして人を動かす経験をして、新たな楽しさ・面白さを知りました。自分自身、一皮剥けた!と感じています。

自分に合った環境があるかどうか。

就活をしていた頃、私の友人たちは複数の会社を同時に受けている人が圧倒的に多く、連日説明会や面接へ通う姿に焦ることもありました。それでも、私には「ここだ!」と決めた会社があったので、HPを隅々まで読み込んだり、説明会の座談会ではデザイナーの先輩社員に積極的に質問をしたりして、とことん企業研究をしました。複数の会社を同時に…となると、ここまで研究するのは難しいかもしれません。また、企業規模やネームバリューに捕らわれずマッチングを考えた就活をすることをおすすめします。例えば、ネジを作っている会社で最大手がどこか知っていますか?オフィス家具や、セメントなら?学生時代に私たちが知っている企業って、本当に極々一部なんです。だから、規模や名前よりも、自分に合った環境があるかどうか。そして自分の理想と現実をすり合わせて、より理想に近い会社を見定めることが大切だと思っています。

自分に合った環境があるかどうか。

就活をしていた頃、私の友人たちは複数の会社を同時に受けている人が圧倒的に多く、連日説明会や面接へ通う姿に焦ることもありました。それでも、私には「ここだ!」と決めた会社があったので、HPを隅々まで読み込んだり、説明会の座談会ではデザイナーの先輩社員に積極的に質問をしたりして、とことん企業研究をしました。複数の会社を同時に…となると、ここまで研究するのは難しいかもしれません。また、企業規模やネームバリューに捕らわれずマッチングを考えた就活をすることをおすすめします。例えば、ネジを作っている会社で最大手がどこか知っていますか?オフィス家具や、セメントなら?学生時代に私たちが知っている企業って、本当に極々一部なんです。だから、規模や名前よりも、自分に合った環境があるかどうか。そして自分の理想と現実をすり合わせて、より理想に近い会社を見定めることが大切だと思っています。