インテリアコーディネーター

太田 央Chika Ota

2016年入社

お客様“らしい”家づくり。

学生時代は建築を学んでいたので、それを生かせる仕事がしたいと考えていました。

そこで、関西不動産販売の説明会に参加し、設計から内装・エクステリアまで一貫して携われるインテリアコーディネーターという仕事に興味を持ちました。新卒で勉強しながらコーディネーターの仕事が出来る会社は珍しく、「知識や経験よりも熱意を尊重する」と言っていただいたこともあり、関西不動産販売への入社を決めました。

私の仕事は、設計士がお客様と一緒に創り上げた図面に、お客様らしさをプラスすることです。内装から外装まで、お客様のご要望を汲みながら、一軒の戸建住宅をトータルコーディネートします。サンプルで色味や素材感を確かめ、ショールームにも何度も足を運びながら、お客様と二人三脚で家づくりをするので、お打ち合わせを重ねる度に物件に対する思い入れがどんどん深くなっていきます。だからこそ、図面の上で思い描いていたものが実際に形になったときは、お客様と一緒になって喜びますし、家族の一員のような気持ちになりますね。

限られた時間で出来ることを。

私が働くオフィスは、女性が多いので華やかな雰囲気です。主に、20~30代の女性が活躍しています。打ち合わせや店舗間の移動で動き回っていることが多く、皆さんバリバリ働いている印象です。私の所属する建設部門は当社で一番の大所帯ですが、アットホームな雰囲気で、飲み会やイベントもよく企画しています。

学生の頃と比べると、プライベートを含め時間の使い方をよく考えるようになりましたね。お客様とのお打ち合わせや、業務の配分など、限られた時間を有効に使うことの大切さを実感しています。今後は、さらにその中でプラスアルファの気遣いやご提案が出来るようになりたいです。

『やりたい』を実現できる会社に。

就活中はやりたいことが見つからなかったり、周りと比べてしまったり、悩むことも多いと思います。でも、悩む時間があるのも、選択肢があって自由に選べるのも、新卒の特権だと今は感じています。だから、ぜひたくさん悩んで下さい。それと、自分の就活を振り返って思うのは、「やりたいこと」にこだわりすぎなくてもいいんじゃないかということです。私の周りでもよく聞くのですが、働きだしてから思わぬやりがいを見つけることって多いんですよ。だから、やりたいことが分からないなら、声を上げたらそれを拾ってくれるような、風通しのいい会社を選ぶといいかもしれません。最後の学生生活も楽しみながら、就活頑張って下さい

『やりたい』を実現できる会社に。

就活中はやりたいことが見つからなかったり、周りと比べてしまったり、悩むことも多いと思います。でも、悩む時間があるのも、選択肢があって自由に選べるのも、新卒の特権だと今は感じています。だから、ぜひたくさん悩んで下さい。それと、自分の就活を振り返って思うのは、「やりたいこと」にこだわりすぎなくてもいいんじゃないかということです。私の周りでもよく聞くのですが、働きだしてから思わぬやりがいを見つけることって多いんですよ。だから、やりたいことが分からないなら、声を上げたらそれを拾ってくれるような、風通しのいい会社を選ぶといいかもしれません。最後の学生生活も楽しみながら、就活頑張って下さい