営業スタッフ

杉山 佑馬Yuma Sugiyama

2019年入社

成長への第一歩。

学生時代から不動産に興味があり、宅地建物取引士の資格を取得したことをきっかけに、不動産業界に絞って就職活動をしていました。実は、初めて参加した会社説明会が、関西不動産販売だったんです。どんなことをするんだろうと緊張しながら会場に向かったのを、今でも覚えています。北摂エリアで働きたいと考えていた私は、同エリアに根差して事業を展開する当社に強い縁を感じていました。また、不動産・建築にまつわるあらゆる事業をワンストップで行っているからこそ、幅広い分野について学び、成長していけるのではないかと感じ、入社を決意しました。

得られるものが多い仕事。

入社して驚いたのは、一年目からさっそくお客様に関われること。お問い合わせから物件のご提案、ご契約、お引き渡しまで…不動産取引の一連の流れを実際に体験することができるので、得られる知識・経験は座学とは比較になりません。大変なことも多いですが、やりがいを感じています。また、集客の要である広告の制作にも携われるので、お客様はどんな情報を求めているのか…試行錯誤しながらお客様のニーズについて深く考えるいい機会になっています。

刺激を受ける側から与えられる側へ。

入社前は、「どんな人たちと働くことになるんだろう」と不安に感じてましたが、入社してみると、面倒見のいい先輩が多い印象です。分からないことがあれば、分かるまで親身に教えてくれます。先輩たちは、ピリッと集中して効率よく業務をこなし、休憩中や移動時間などは気さくに声をかけてくれるなど、オンとオフにメリハリがあります。僕も早くそんなふうに働けるようになりたいですね。

何事も素早く。

仕事を効率的にこなす意識が身に着いたと思います。入社してすぐの頃は初めてのことばかりで、仕事の配分を考える余裕がなく、結局納期ギリギリになって上司や先輩に助けてもらうということが多くありました。それが悔しくて、まずは何とか最後まで自力でやり遂げられるようになろうと、仕事の効率について考えるようになったんです。時間と効率を意識して業務に取り組むと、少しずつ仕事が早くなっていくのが分かりました。また、「絶対に自力で終わらせる」という意識を持って働いていると、周囲から「責任感があるな」と認めてもらえる機会が増えたんです。これからも仕事への責任感をしっかり持って、効率のいい仕事を心がけていきたいです。

知らなかった自分に気づくチャンス。

興味のある仕事があれば、ぜひ挑戦してみて欲しいと思います。やりたい仕事が見つからない、分からないという方は、少しでも興味のある企業の説明会に足を運んでみてください。説明会に参加すると、先入観にとらわれて気づかなかったことに気づくことができます。自分自身のこと、そして仕事のこと…視野が広がれば、就活への取り組み方が変わります。そうすれば、自ずと将来が見えてくるはずです。

知らなかった自分に気づくチャンス。

興味のある仕事があれば、ぜひ挑戦してみて欲しいと思います。やりたい仕事が見つからない、分からないという方は、少しでも興味のある企業の説明会に足を運んでみてください。説明会に参加すると、先入観にとらわれて気づかなかったことに気づくことができます。自分自身のこと、そして仕事のこと…視野が広がれば、就活への取り組み方が変わります。そうすれば、自ずと将来が見えてくるはずです。