経理スタッフ

竹村 光樹Mitsuki Takemura

2018年入社

やりごたえのある不動産業という選択。

私が関西不動産販売を選んだ理由は、自分の思い描く理想の業種だと思ったからです。私は学生時代から会計事務所でアルバイトをしており、かねてから何かお金にまつわる仕事がしたいと思っていました。金融、税務、そして経理。アルバイトを通して様々な業種の会計に触れたことで、経理の道を目指そうと思いました。その中でも最も会計処理が難しく、やりごたえのある業種が、不動産業だと考えました。そんな時に出会ったのが、私が生まれ育った地元北摂で事業を展開する、関西不動産販売だったのです。

会社の経営と自らの業務の一体感。

経理の仕事に就いてみると、アルバイトでは知り得なかった日々のお金の動きに関する業務と経営管理との密接な繋がりを知ることが出来ました。また、経理はデスクワークというイメージがありますが、企業や銀行とのやり取りも多い仕事です。人と人との繋がりがあって初めてお金が動く。この両側面知って初めて得られる、会社の経営と自らの業務の一体感が、経理の何よりのやりがいだと感じています。

要望にすぐ応えてくれる環境。

私の部署には、経理業務のプロフェッショナルが集っています。特に私の上司はあらゆる経理業務に精通しているので、「新しいことがしたい」「今の仕事からレベルアップしたい」、そんな私の要望にすぐに応えてくれます。向上心に応えてくれる環境があるからこそ、自分自身を育てる楽しさを感じています。

責任があるから、楽しい。

入社すると「社会人と学生のアルバイトは違う」ということを実感します。社会人の仕事はどんな些細な業務にも責任がつきものですが、中でもお金を扱う経理は特に責任が重く、1円の誤差すら許されません。私が成長したと思えるのは、そんな責任の重い仕事を毎日楽しいと思いながら出来ていることです。責任があるから楽しい、学生時代には想像もしていなかった、仕事の醍醐味です。

後悔のない生き方。

私は就職活動中も社会人になった今でも、あまり自分を偽ることなく振舞ってきました。のびのびと自分のしたいように、率直に。だからこそ、自分に合った会社に行きついたのだと考えています。ただし、のんびりとダラダラは違うものです。学生生活も仕事も、自分の目標を偽らずただ実直に臨めば、後悔することはないと思っています。残りの学生生活とこれから迎える新社会人としての生活に悔いが残らないよう、頑張ってくださいね。

後悔のない生き方。

私は就職活動中も社会人になった今でも、あまり自分を偽ることなく振舞ってきました。のびのびと自分のしたいように、率直に。だからこそ、自分に合った会社に行きついたのだと考えています。ただし、のんびりとダラダラは違うものです。学生生活も仕事も、自分の目標を偽らずただ実直に臨めば、後悔することはないと思っています。残りの学生生活とこれから迎える新社会人としての生活に悔いが残らないよう、頑張ってくださいね。