CASA

 

Introduction
紹介

決して情熱は冷めることなく今も沸々と
私は阪神淡路大震災の翌年にこの住宅業界に飛び込みました。当時、関西ではあまり知られていない工務店でした。
阪神淡路大震災の翌年、「木造住宅は地震に弱い」と大きな勘違いをされ、間違った報道も世間には出まわっていた時代でした。
そんな中で営業職として受注を伸ばす努力をただひたすら行いました。
図書館に通い詰め図書を借り、覚えるために自身のノートに書き写し、自分の言葉としてお客様に「決して木造住宅は地震に弱くないんだ」ということをお伝えすることができるよう、日々努力を重ねました。また、これは自分の使命であり、自身の責務であると考えておりました。
あのときは人生の中で、こんなに勉強をしたことはないというほど勉強をしました。

今も沸々と蘇るのは「お客様よりお客様の家づくりに熱心であろう」という心に秘めた情熱です。リフォームプレゼンターそしてアフターメンテナンスとして授けていただいた役割は自身の責務であるということを意識し、間違いのないご提案をさせていただきます。
今後も日々努力を怠らず勤めさせていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。見掛けたらぜひお声掛けくださいませ。

阪神間・北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、分譲、賃貸、
建築、リフォーム、住宅ローンのことなら「関西不動産販売株式会社」へ

阪神間・北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、分譲、賃貸、建築、リフォーム、住宅ローンのことなら「関西不動産販売株式会社」へ