COMODO CASA

現代土間と暮らす家

CASA

/

茨木市

足を踏み入れると広がる、家全体を見渡せる玄関土間。
かつては作業場として使われていた土間。現代では機能性だけでなくデザイン性にも優れており、アウトドア用品の収納やお子様の遊び場など、 暮らし方に合わせた使い方をすることができます。 アイアンウッドのスケルトン階段は空間に明るさと開放感を与え、見た目のインパクトだけでなく家族のつながりを生み出す効果もあります。
建物正面はあえて窓を取り付けずプライバシーを守り、モノトーンの壁面でスタイリッシュに。 土間や吹抜けに大きな開口部を設けているため、室内の採光は十分に確保できます。
デザイン性と暮らしやすさを併せ持つ、一体感と広がりを感じる邸となりました。

所在地  茨木市

構造   木造2階建

敷地面積 150.03㎡

建物面積 130.26㎡

間取り  3LDK

INTERIOR COORDINATOR
丸山優
CONSTRUCTION MANAGEMENT
荒木哲也

足を踏み入れると広がる、家全体を見渡せる玄関土間。
かつては作業場として使われていた土間。現代では機能性だけでなくデザイン性にも優れており、アウトドア用品の収納やお子様の遊び場など、 暮らし方に合わせた使い方をすることができます。 アイアンウッドのスケルトン階段は空間に明るさと開放感を与え、見た目のインパクトだけでなく家族のつながりを生み出す効果もあります。
建物正面はあえて窓を取り付けずプライバシーを守り、モノトーンの壁面でスタイリッシュに。 土間や吹抜けに大きな開口部を設けているため、室内の採光は十分に確保できます。
デザイン性と暮らしやすさを併せ持つ、一体感と広がりを感じる邸となりました。

所在地  茨木市

構造   木造2階建

敷地面積 150.03㎡

建物面積 130.26㎡

間取り  3LDK

INTERIOR COORDINATOR
丸山優
CONSTRUCTION MANAGEMENT
荒木哲也