社内イベント

営業からデザイナーへ転身!昇格社員インタビュー #1

皆さん、こんにちは。採用担当の山下です。

コロナにより激動の年となった17期が幕を閉じ、11月1日から18期が始まりました。新たな期のスタートに合わせて、本年度の昇格者を対象とした辞令式が行われました。総勢20名のスタッフが、これまでの仕事ぶりを評価されて新たなキャリアを歩みだしました。

人事として初めて昇格辞令式に立ち合って感じたことは、とにかく若いスタッフが多いということ!同期一番乗りで昇格した新卒入社のスタッフや、チームのリーダーを担う20代課長など、年齢や社歴を問わず多くの若手社員が重要なポストを任されています。

今回から三回に渡って、若手社員のキャリアをテーマに昇格者のインタビューをお届けします!

初回となる今回は、2017年に新卒として入社し、主任職に昇格したデザイナーの中川さんにインタビュー。入社を決めた理由やデザインに向き合う姿勢、仕事への熱い想いを語ってくれました。

 

この度は、ご昇格おめでとうございます!

ありがとうございます!インタビューなんて緊張しますね(笑)

まずは、普段どんなお仕事をされているのか、教えてください。

私は、企画創造指令部 広告企画局という部署に所属しています。広告企画局では、チラシの制作の他、現地に設置する看板やのぼり、クールビズ期間中に着用するポロシャツ、オリジナルデザインのショップバッグなどCASAのブランディングに係るあらゆるものを制作しています。その中で、私は主にお客様との打ち合わせで使われる資料やパンフレット、季節のダイレクトメッセージなどの販促物を手掛けています。

デザイナーとして活躍している中川さんですが、もともとは営業として入社されたんですよね。

実はそうなんです。人と関わることが好きだったので、より深くお客様の人生に寄り添える不動産営業を選びました。関西不動産販売を選んだ理由は、若手社員が裁量を持ってのびのびと仕事ができる環境があると思ったから。不動産だけでなく建築も行っているので、一から建築の過程を見られることも魅力でした。若い社員が多くて柔軟な社風だから、新しいものを自分で創り上げていけそうだ、と感じました!

当社はチラシやホームページを自社で制作しているので、営業として働く中で広告制作に関わる機会もありました。チラシに掲載する物件をピックアップしたり、デザイナーさんと一緒に紙面での魅せ方を考えたり——そうする中で、次第にデザイナーの仕事に興味を持つようになったんです。

学生時代の経験も、デザイナーを志した理由のひとつです。私は学生時代からダンスをしていて、チームで一つの作品を創り上げることに大きな達成感を感じていました。その経験から、「形のないものを創りたい」という想いをずっと持っていて…0から1を生み出すデザイナーの仕事はそれにピッタリだと思いました。

だから、ジョブチャレンジ制度を使って、2年目でデザイナーに転身したんです。

なるほど。デザイナーになってから印象に残っている仕事はありますか?

リフォームの施工事例パンフレットの制作は印象に残っていますね。掲載内容の考案から、制作・入稿までをトータルに手掛けることになった初めての仕事です。

デザイナーというとWEBのデザインや紙面のレイアウトなどのイメージが強いかと思いますが、実際には掲載する内容を考案するところから始まります。リフォーム部門で働くスタッフから「こんなツールを作って欲しい」と依頼を受け、一からパンフレットを作ることになったんです。

まずは、他社のパンフレットを収集するところから始めました。どんな構成で、どんな情報を載せているのか…店舗にも何度も足を運び、どんなものがあればご提案の際に役立つか、お客様はどんな情報を求めているのか、現場のスタッフに聞き取りをしました。お客様の目線に立って考える姿勢は、営業の頃の経験が生きたと感じています。

試行錯誤の末にようやく完成したパンフレットが冊子として手元に届いたときは、達成感で胸がいっぱいになりました…!

自分がつくったものが形になっていくのはデザイナーならではのやりがいですね!現在はどんなものを制作されているんですか?

今は会社パンフレットと、お客様にお配りするノベルティのカレンダーを制作しています。ちょうど今回同じタイミングで昇格した同期と、ペアで手掛けている案件なんです。彼女とは営業の頃から仲が良くて、切磋琢磨しながらやってきました。今回の案件でもお互いに刺激を受けながら取り組んでいます。

カレンダーは毎年当社オリジナルのデザインで制作しているのですが、年々求められるクオリティが上がっていくので、期待を超えるデザイン案を生み出すことに苦労しています(笑)壁にぶつかったときはデザイナーの先輩からアドバイスをもらったり、同期とアイデアを出し合ったり、チームで助け合える環境があるのでありがたいですね。これからもチームで支え合いながら、どんどん新しいものをつくっていきたいと思っています。

一つの案件に対してチーム一丸となって取り組んでいるんですね。中川さん、貴重なお話をありがとうございました!

相手の要望をデザインを通して形にしていく——インタビューを通して中川さんの熱い想いが伝わってきました。“好き”を原動力に、新たなキャリアを切りひらいていく姿がとてもカッコイイです!

次回は、20代で課長に昇格し、チームのリーダーとして活躍する営業社員をご紹介します。お楽しみに!

新卒・キャリア向け

新人デザイナー奥平さんの奮闘の日々をマンガでご紹介!

皆さん、こんにちは。関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

先日オープンした、住宅購入のイロハを分かりやすく解説した特設サイト、マイホームをげっと!おうちっち!。このサイト、実は今年の新入社員が中心となって制作したものなんです!

▲マイホームを夢見る家族が主人公の漫画を制作してくれた、奥平さん。彼女の描く温かみのあるイラストは、既に広告やHPにも多く採用されています。何事にも一生懸命な、期待のルーキです!

▲コミカルな動きで閲覧者の目を引くムービーを制作してくれた、髙岸さん。当社初の映像担当として、幅広いプロジェクトに参加しています。先日人事ブログでご紹介したWEBスクールの動画も彼女が編集してくれたものなんですよ♪

 

漫画を制作してくれた奥平さんは、「クリエイティブチーム」というチームに所属しています。不動産広告の制作のイメージが強い当社のデザイナーですが、広告に限らず幅広い制作物の制作を行っています。中でも彼女の所属するクリエイティブチームは、他社にはないクリエイティブな制作物の制作に特化したチームです。

▲彼女が制作したイラストは、トップページにも多数掲載!ちなみに笑顔が爽やかなこの営業マンは、最近当社に入社した仕入れ部門のホープ、品田さん!爽やかな笑顔がそっくりです!

▲笑顔がステキな営業マンの品田さん。9月にキャリア入社した期待の新人です!

 

そんな大活躍の彼女が、クリエイティブチームで奮闘する自身の経験を漫画にしてくれました!目力の貴公子 佐々課長、美しきオールラウンダー 伊吹課長をはじめ、デザイン部門のユニークな面々が生き生きと描かれています!(ちなみに、登場人物は雰囲気からキャラクターまでそっくり!)

社員紹介

入社から1か月が経った新入社員が今思うこと、期待のルーキー竹村くんにインタビュー

皆さん、こんにちは。

関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

 

新入社員が入社して、1か月が経ちました。

少しずつ仕事や職場に慣れ始めた彼らが、今何を思うのか。

 

経理部期待のルーキー 竹村くんにインタビューしました。

プロフィール

 

名 前:竹村 光樹

職 種:経理スタッフ

社 歴:新卒入社1か月

好きなもの:洋楽、ギター弾くこと、ヒトカラ

 

 

Q. 学生時代はどんなことをしていた?

 

田川「竹村くんは、学生時代はどんなことをしていたの?」

 

竹村「学生時代は、軽音楽部に所属していて、バンド活動をしていました。洋楽のカバーを中心に…有名なところだとDeep PurpleとかMETALLICAとか」

 

田川「そういえば、LINEのアイコンがライブの写真だよね。持ってるのはギター?」

 

竹村「エレキギターです」

 

田川「ギュイーーーンっていうやつだ!」

 

竹村「ギュイーーーンっていうやつです(笑) 写真もありますよ」

田川「うわー!全然雰囲気違う!ミュージシャンって感じでカッコイイ!」

 

竹村「自分でもお気に入りの写真です」

 

 

 

田川「竹村くんの意外な一面を垣間見たところで…。大学ではどんなことを勉強してた?」

 

竹村「生涯教育と言って、言葉の通り生涯に渡る学習や教育について学んでしました。学校や社会、家庭も含めて生涯教育なんです」

 

田川「竹村くんは教育大学だったね。アルバイトは、会計事務所だっけ?」

 

竹村「会計事務所と、飲食店で働いていました」

 

田川「ということは、学生時代から経理をやりたいと思ってたの?」

 

竹村「はい。1円の誤差なく決算処理出来た時の達成感が好きで、経理をやりたいと思うようになりました」

 

 

Q. どうして関西不動産販売を選んだのか?

 

田川「経理を募集している会社って色々あると思うんだけど、どうして関西不動産販売を選んだの?」

 

竹村「一番は、変化を受け入れる柔軟さがあることです。僕の上司は、新人の僕に対しても『業務の改善や効率化の方法があれば遠慮なく言ってくれ』と発言の機会を与えてくれます。自分で会社や仕事を変えていける環境で働けたら面白いだろうなと思いました」

 

田川「それでウチに来てくれたんだ。そういえば、最近社長にも褒められてたよね」

 

竹村「決裁の時ですね。学生の頃は社長に直接褒めて頂けるなんて思ってもみなかったので、驚いています。あれはすごく嬉しかったです。役員の方との距離が近いのも関西不動産販売の良いところですね」

 

 

Q. 社会人になって一か月、率直な感想は?

 

竹村「とにかく楽しいです」

 

田川「辛いとか、厳しいよりも?」

 

竹村「失敗したり怒られたりすることもありますが、それも含めて、何ていうか…こう…すごく充実している感じがします。自分がどんどん成長していくのが分かってすごく楽しいです」

 

田川「さすが大型新人!でも、その気持ちすごく分かるなぁ」

 

竹村「田川主任も仕事好きですよね」

 

田川「うん、メッチャ好き。…でも、仕事が好きな者同士のインタビューだとあまり学生さんの参考にはならないかもしれないね…(笑)」

 

 

Q. 初任給は何に使った?

 

田川「そういえば、初任給が出たところだよね。もう何かに使った?」

 

竹村「時計を買いました。今つけてるやつなんですけど…」

 

田川「おお~、カッコイイ!社会人だし、学生の頃よりちょっといい時計つけたいよね」

 

竹村「あと、両親を食事に連れて行きました。そんなに高いところではないんですけど、いつも家族でお祝いをするときに使うお店があって、そこで」

 

田川「そういうの素敵だね。ご両親も喜んでくれた?」

 

竹村「すごく喜んでくれました。これからもっと親孝行して、今まで支えてくれた分たくさん返していきたいなぁ、と思います。田川主任は、母の日に旅行に行くんですよね」

 

田川「よく知ってるね、もしかして人事ブログ読んでくれてる?」

 

竹村「はい、毎日チェックしてます(笑)」

 

田川「嬉しいけど、社員に読まれるのはちょっと恥ずかしいかも…。そういえば、竹村くんはよく同期と飲みに行くんだっけ?」

 

竹村「そうなんです。結構な頻度で飲みに行くので、初任給が飲み代に消えていきます(笑)」

 

田川「何飲むの?」

 

竹村「焼酎ですね、芋が好きで」

 

田川「分かる~。今度飲みに行こうね」

 

竹村「ぜひ!」

 

 

一緒に働く社員はどんな人たち?

 

田川「経理の仕事をしてると、色々な人と関わるよね。どんな人が多い?」

 

竹村「とにかく優しい人が多いです」

 

田川「そう言わざるを得ないよね…」

 

竹村「いや!本当ですって!(笑) 部署は関係なく色々な人が声をかけてくれるんです。『もっとこうした方がいいよ』とか『何か分からない事ある?』とか。優しい人が多いなぁ、と思います。特に、上司のことを尊敬しています。新人の僕から見ても、すごい人です」

 

田川「言わされてない…?」

 

竹村「本当ですってば(笑)」

 

 

近い将来の目標は?

 

田川「実際に働いて、具体的な目標が見えてきたころだと思うんだけど、具体的にどんなふうになりたいとかあるの?」

 

竹村「まず、上司の右腕的な存在になりたいと思っています。もっと近くで仕事を見て、勉強したいです。…ちょっと偉そうな言い方かもしれませんが、上司を暇にしたいと思ってるんです」

 

田川「というと?」

 

竹村「上司の仕事を引き受けられるくらいになりたいなと」

 

田川「部下が早く帰れるように、常に一番仕事を抱えてるもんね」

 

竹村「そうなんです。だから、早く上司を支えられるようになりたいです」

 

田川「竹村くんが良いこと言ってましたよってあとで上司に報告しておくね」

 

竹村「それは恥ずかしいので、やめて下さい(笑)」

社員紹介

施工管理から設計士へ、キャリア入社の岡田さんにインタビュー

皆さん、こんにちは。

関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

前回に引き続き、キャリア社員へのインタビューを行いました。

今回インタビューを受けてくれたのは、昨年10月に入社した設計士の岡田さん。

岡田さんから見た関西不動産販売について聞きました。

関西不動産販売を選んだ理由は?

前職では施工管理をしていましたが、設計士としてキャリアを積みたいと思い、20代半ばで転職を決意しました。

そんな時、転職情報サイトで関西不動産販売の求人を見つけました。

さっそくホームページを覗いてみると、モダンで個性的な施工例がたくさん掲載されていて、どんな会社だろうと興味を持ちました。

 

 

配属先の部署の雰囲気は?

若い方が多いこともあり、オフィス全体が明るく活気があります。

私は設計の部署に所属しているのですが、上司や先輩はとても優しく、実務は全くの未経験だった私に、一から丁寧に教えてくれています。

ベテランの設計士が多い部署ですが、今年の4月には新卒の設計士も加わるなど、若手設計士の採用と育成にも力を入れています。

 

 

今はどんな仕事をしていますか?

現在は、検査書類や図面の作成を中心に、設計業務に取り組んでいます。

初めてのことばかりでしたが、丁寧に指導して頂いているので、戸惑うことはありませんでしたね。

自分が図面に引いた線が、お客様の一生の住まいになるのだと思うと、やりがいを感じます。

 

 

転職してよかったと感じることは?

一番はやはり、設計の仕事に携われること。

そして、スキルやセンスを磨き続けられる環境があることですね。

当社は、自社の設計士だけでなく、外部の建築家と積極的にコラボレーションしています。

常に外からの刺激を受けることで、社内の設計士も停滞することなく挑戦的なアイデアを生み出すことが出来るんです。

まだまだ駆け出しですが、設計士としてスキルアップ出来る環境にワクワクしています。

社員紹介

職種未経験からインテリアコーディネーターに転身、キャリア入社の髙木さんにインタビュー

皆さん、こんにちは。

関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

現在弊社では積極的にキャリア採用を行っており、既に多くのキャリア社員を迎えております。
業界・職種未経験の方、経験を生かしてキャリアアップを目指す方等、経歴は様々です。
なぜ関西不動産販売を選んだのか、キャリア社員から見た関西不動産販売はどんな会社なのか。
昨年12月に入社した、インテリアコーディネーターの髙木さんにインタビューしました!

関西不動産販売を選んだ理由は?

前職からインテリアを扱う仕事をしていましたが、インテリアコーディネーターは未経験の職種でした。

 

関西不動産販売を知ったのは前職で働いている時、転職を考える前のことでした。
実は、前職では関西不動産販売のコーディネーターの皆さんと一緒にお仕事をさせて頂いていたんです(笑)
その中で、インテリアコーディネーターのお仕事に興味を持つようになりました。

 

当社のコーディネーターは、家具・照明・インテリアはもちろん、設備、外装に至るまで、幅広くコーディネートに携わります。
ノルマや仕様に縛られることなく、お客様のこだわりにとことん向き合えるので、やりがいがあります。

 

また、若い方がたくさん働いているので、勢いがあるところも魅力的ですね。
年齢や社歴を問わず新しいアイデアが飛び交い、それを積極的に取り入れる柔軟さがあるのも、関西不動産販売を選んだ理由のひとつです。

 

配属先の部署の雰囲気は?

20~30代の若い女性が中心の部署なので、とても華やかですね。
気さくで話しかけやすい方が多く、分からないことなども聞きやすい雰囲気です。
勉強の為に同行したいお打ち合わせがあれば、積極的に同行させて頂くようにしています。

 

今はどんな仕事をしていますか?

入社してもうすぐ2か月、今は建売住宅の照明配線図の作成や、インテリアの選定・プラン作成などを任されています。
照明配線図というのは、照明やスイッチ、コンセントの設置箇所・配線を示した図のことで、専用のソフトを使って作成します。
初めて使用するソフトでしたが、研修を通して少しずつ使えるようになってきました。
知らなかったことを学び、出来るようになっていくことに、日々やりがいを感じています。

 

 

転職して良かったと感じることは?

建築について幅広く学べるところがいいですね。
社内外で様々な分野のプロフェッショナルと仕事をさせて頂くので、自然と知識が身に着きます。
住まいに関するあらゆる事業をワンストップで行っている当社ならではですね。

 

当社には、私のように未経験からコーディネーターになった社員も多いので、住宅やインテリアに興味がある方にはぜひチャレンジして欲しい職種です。

社員紹介

【施工管理】新入社員インタビュー

皆さん、こんにちは。
関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

入社して2か月が経った新入社員へインタビューを行いましたので、ご紹介いたします。

施工管理ってどんな仕事ですか?

家を建てるための段取りを考え、現場で職人さんたちがスムーズに作業できるよう管理する仕事です。
施工のプランを立てたり、それに沿って職人さんを手配したりしています。
他にも、建築に使用する材料の発注や、コストの管理を行うのも僕たち施工管理技士の仕事です。
意外に思われるかもしれませんが、デスクワークも多い仕事なんですよ。
今は、上司・先輩が担当している現場を清掃したり、必要な備品を手配したり、現場のことを学びながらサポート業務をしています。

現場はどんな雰囲気ですか?

現場で働く職人さんたちは、一見強面の方が多く…最初はドキドキしました(笑)
とても面倒見がよく親切な人ばかりです。
僕が上司の指示の合間に現場で作業を眺めていると、「この木材何か分かるか」「今は○○の作業をしていて…」と、職人さんたちの方から声をかけてくれます。
僕は大学や専門学校で建築を学んでいたわけではないので、それを踏まえて丁寧に教えてくれる職人さんたちには本当に感謝しています。

入社当時は現場の清掃や雑務が多く、「もっと施工管理の仕事がしたい」と不満に思っていたこともありました。
ただ、それでも絶対に文句を言わず、誰よりも現場を綺麗にするよう心がけていました。
それを続けているうちに、「浅田くんはいつも丁寧に清掃してくれる」と職人さん達から現場で褒めていただくことが増えたんです。
日々の努力は必ず誰かが見てくれていて、そこから生まれる信頼があると気づいてからは、雑務にも気合が入るようになりました。

入社して2か月、率直な感想を教えて下さい。

想像以上に礼儀が大切だと感じています。
上司・先輩はもちろん、職人さんからも、礼儀についてご指摘を受けることがあります。
初めは些細なことのように感じて戸惑うこともありましたが、現場での信頼関係を築く為には大切なことなんだと分かるようになりました。

関西不動産販売に入ってよかったと思うことは?

社員同士の距離が近く、温かい人が多いことですね。
先日、大きな会議に参加し、普段あまり関わる機会の無い部署の方たちとお会いしたのですが、緊張している僕に、皆さんとても気さくに話しかけてくれました。
僕が仕事でミスをして落ち込んでいるときには、「しんどいこともあると思うけど、頑張れよ」と電話をくれた先輩もいました。
常に誰かが僕を気にかけてくれていると思うと心強いです。

入社前後でギャップはありましたか?

会社に対するギャップではないのですが…僕は元々建築には詳しくないので、家は所謂「大工さん」と呼ばれる人たちが単独で作るものだと思っていたんです。
でも、実際には、基礎を作る方や、外壁を作る方、電気・ガス・水道を引く方など、たくさんの人たちの手によって作られているのだと知りました。
そんな、各分野のプロフェッショナルである職人さんたちと一緒に仕事が出来ることはワクワクしますし、もっと勉強しなければとも思います(笑)

就活を頑張る学生さんへメッセージをお願いします。

自分の適性を決めつけず、視野を広く持って欲しいと思います。
僕は今 施工管理として働いていますが、就職活動をしていた頃は営業を志望していました。
関西不動産販売でも、営業として選考に進んでいたんですよ(笑)
それが、営業志望で受けた二次面接の後に、施工管理のオファーをいただいたんです。
それをきっかけに、施工管理という仕事について調べてみると、自分がイメージしていたのとは違う仕事だということが分かってきたんです。

野球に例えると分かりやすいでしょうか…施工管理は、野球における監督です。
監督は、ボールを投げたり、バットを振ったりはしませんよね。
実際にプレーするのが職人さんで、僕たち施工管理は、職人さんたちがプレーするのに必要な段取りを整えて適切な指示をする。
家作りのプランを立て、現場に関わる様々な人たちとコミュニケーションをとりながら現場を指揮をするプロデューサー、それが施工管理のお仕事です。

施工管理の仕事を知れば知るほど、自分のやりたいことと合致しているように思えました。
また、自分の適性を見出して、是非来て欲しいと言ってくれたことがとても嬉しく、その期待に応えたいとも思いました。
建築の知識がなく、不安もありましたが、「適性がある」と言ってくれた人たちを信じてとにかく飛び込んでみようと、そのオファーを受けることを決意しました。
この選択は間違っていなかったと思っています。

皆さんも希望の業種や職種があると思いますが、あまり頑なにこだわりすぎず、視野を広げてみると、もっと適性のある仕事との出会いがあるかもしれませんね。