新卒向け

マイナビ就職セミナーに出展しました!

皆さん、こんにちは。関西不動産販売(株) 採用担当の山下です。

この度、10月5日(火)に梅田スカイビルにて開催された「マイナビ就職セミナー」に参加しました!

私は入社して初めてのイベントで、学生の皆さんと会えるのを楽しみにしていました。このイベントのために作成された弊社のポスターの展示や会社説明動画を上映して、ブースの準備完了!入場開始早々、多くの学生さんが弊社デザイナーの皆さんが作成したデザインにも興味を持ってブースに来てくれました。

様々な業界で活躍する企業に出会える人気イベントとあって、会場は大変賑わっていました。もちろん、会場での検温、手指の消毒、ソーシャルディスタンスの徹底など、コロナ対策もバッチリ!私たち関西不動産販売のブースには、なんと総来場者数の三分の一以上の学生さんが来てくれました!ありがたいことに、全7回行われたセミナーのほとんどの回が満席となり、立ち見が出る回もあるなど、大盛況でした!ご来場いただいた皆さま、改めてありがとうございました!

ブースでは、「“知りたいこと”だけ、サクッと20分セミナー」と題して、弊社の事業や強み、福利厚生、社風など、学生さんの知りたいことだけをピックアップして関西不動産販売の魅力をお伝えしました。

お話を伺うと、進学から就職に進路を切り替えこれから就活を始める方、秋採用から気持ちを新たに就活を再開された方、またしっかりと将来を見据えて就活を継続されている方など、いきさつは様々。特に当社は、営業系・事務系・デザイン系・建築系など職種の幅が広いこともあって、多様な学部・学科の学生さんがセミナーに参加してくれました。

セミナー後の質疑応答では、今後の選考や職種ごとの適正、やりがいなど、とても意欲的にご質問いただき、各回とも時間いっぱいまでお話させていただきました!

また、これは余談ですが…私は今年の8月にキャリアで入社し、未経験から人事というお仕事にチャレンジしています。今回初めて採用担当としてイベントに参加させていただき、上司や先輩たちのすごさを実感しました…!

例えば、当日は想定より多くの学生さんにご来場いただき、資料が足りなくなる場面がありました。私と一緒に受付や呼び込みを担当していた先輩はすぐさま資料の不足に気づき、予め用意していたデータを持ってコンビニへ!後半からの来場者数にあたりをつけてコピー機で資料を印刷し、スマートにブースへ戻ってきました。その後、何事もなかったかのように資料を配布し、学生さんを丁寧にもてなす先輩…テキパキと臨機応変に対応する姿がとても印象的で、かっこよかったです!

また、セミナーを担当していた先輩は、とても聞きやすく分かりやすい説明で、アナウンサーかと見まがうほど!中には、セミナー後に声をかけて絶賛される学生さんもいらっしゃいました。さらに、話の内容も参加している学生さんの志望職種に合わせて変えていて、ライブ感が伝わってきました!

多くの学生さんにご訪問いただき、また先輩たちの仕事ぶりを間近で見ることができ、人事として実りある一日になりました。

弊社では、今後も積極的に秋採用を行ってまいりますので、ぜひエントリーくださいね!また、マイナビ2022リクナビ2022では、WEBセミナーのご予約も受け付け中です。皆さまと選考でお会いできることを楽しみにしています!

新卒向け

「経営者が語る」赤裸々すぎる新コンテンツ公開!

皆さん、こんにちは。関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

この度、弊社採用HPに新コンテンツが追加されましたので、さっそくご紹介いたします。題して「経営者が語る関西不動産販売 TALK2」

弊社役員による座談会の模様をノーカットでお届けします。茶目っ気たっぷりな役員たちの写真が印象的です!私もインタビュアーとして座談会へ参加させていただきました♪

経営者が語る関西不動産販売02 | 新卒採用 | 関西不動産販売株式会社 (kansaisan.co.jp)

座談会の見どころは何といっても、本当に全部ノーカットなところ!あまりに赤裸々すぎて、こんなに出しちゃって大丈夫!?と驚いてしまうくらい、リアルな関西不動産販売が語られています。中には、今の当社に足りないものや経営者が社員に求めることまで、外側からは見えない当社の課題が包み隠さず綴られています。常に挑戦し続ける当社だからこそ、常に課題がある。それは常に課題を探し、より良いサービスを追求し続けていることの裏返しでもあります。

当社の仲が良くて楽しくてユーモアがあって、でも真面目なところはとことん真面目!な社風が伝わってくるページに仕上がっているのではないでしょうか。ぜひ皆さんもリアルな関西不動産販売に触れてみてください。

また、この座談会のもうひとつの見どころは、5年前に制作されたTALK1が合わせて公開されているところ。

経営者が語る関西不動産販売01 | 新卒採用 | 関西不動産販売株式会社 (kansaisan.co.jp)

私が入社した年に制作されたこちらのページ、制作に携わった当時一年目の私は、「企業のホームページがこんなにはっちゃけてていいの!?」と驚いたものです…(笑)あれから6年半が経ち、私もすっかり中堅社員になりました。TALK2が制作された今、TALK1を改めて見てみると、当時から変わらない部分と、変わった部分があるのを感じます。

最も変わったのは、社員数です。私が入社した当初は60名ほどの会社だった関西不動産販売は、今では200名を超える大所帯になりました。社員が増えると、多様な社員に対応すべく組織も大きく変わります。座談会ページの雰囲気だけでも、企業規模の変化を感じられるのではないでしょうか。

逆に変わらないのは、人に対する姿勢です。

いくらハコが凄くても、商品が良くても、やっぱり人が良くないと絶対に駄目になる。どんな状況だって人に恵まれていればきっと上手くいく。病めるときも健やかなるときも、貧しいときも富めるときも、ずっとそれは変わらないよ。

社員が増えた今、TALK1で徳山社長が語ったことをより強く実感しています。6年で社員数が4倍近くまで増えましたが、新卒もキャリアも本当に魅力的な人たちが入ってきてくれました。

また、徳山社長のこの言葉。

これからウチはさらに拡大路線に踏み込んでいくし、その上ではウチの社員には大変な思いをさせるかも知れない。だけど全ては今をより良くする為。今は解らないことも後になれば解ってもらえる自信がある。社会人1年目の新人でも気づいたら見違えるように成長できてた人は、やっぱり1年目って自分で思ってない。向上心や、役に立とう、でも何でもいい。「貪欲さ」が1年目の最大の持ち味なんだから遠慮せずに失敗して欲しいね。

言葉の通り、なかなか大変な数年間でした(笑)思うようにいかないことも多く、長いトンネルの中にいるようなもどかしい気持ちで過ごした時期もありました。でも、振り返ってみるとまさに後になって解ることばかりでした。徳山社長の言った通りになりましたね(笑)

また、当時一年目だった私は徳山社長の言葉をそのまま自分に対する言葉として受け止めて仕事をしていました。自分のことを新入社員と思わず、何でもいいから役に立とう!貪欲にいこう!と考えるようになりました。この精神は、当社の新入社員にしっかり根付いていると感じています。

これは余談ですが、偶然自分の就活時の履歴書を見る機会がありました。当時のエントリーシートには「自分の好きなところ、嫌いなところ」という項目があったのですが、嫌いなところには「保守的なところ」と書いてありました(笑)確かに、人前に出るのは得意ではなかったし、積極的に新しいことに挑戦するようなタイプでもなかったなあ、と当時の自分を振り返って懐かしく思いました。入社してからは周りの先輩たちの影響もあり、貪欲に仕事に取り組むことを意識していたので、当時とは随分変わったように感じます。

余談はさておき、ホームページのクオリティが格段にアップしているのも見どころのひとつです。

当時のデザインセクションは紙媒体の広告を扱うグラフィックデザイナーが中心の部署で、WEB専門のデザイナーはいませんでした。それがここ数年で広告もノベルティもWEBもパースも写真も動画もイラストも、何もかもを自社で完結できるデザインのプロ集団に!

今も他社に依存してるものはどんどん自社でしようってなってるからまだまだ変わるよな。

まさに、槙永副社長の言った通りになりました。

住まいにまつわるあらゆる事業を一社で行えるようになった今では、「依存しているものを自社で完結」から「自社の技術を外に提供する」に変化しつつあります。社内を循環していた技術を外部に向けて提供することで、新たな利益に繋がっていく——独立採算制を目指す姿勢はまさに「貪欲」のひとこと!

そんな当社の「らしさ」が詰まった新コンテンツ、ぜひチェックしてみてくださいね。

採用情報

就活リスタート応援キャンペーンスタート!

皆さん、こんにちは。関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

7月を目前に控え、業界や職種を見直して視野を広げてみようと検討される方の多いこの時期、弊社では7月以降も就職活動を継続される意欲的な学生様へ向けて「就活リスタート応援キャンペーン」を実施することとなりました!

 

就活リスタート応援キャンペーンとは?

就職活動を継続される学生様を応援する特別企画!WEB・対面それぞれのルートでスピーディーに選考へお進みいただけます。

 

WEB説明会(Zoom開催/全職種対象)

【業界研究なしOK】最近、不動産業界を見始めた方でも分かりやすいよう徹底解説!

【スピード選考、早期内定】時間のかかるグループワークや適性検査、筆記試験等は一切なし。書類選考も免除のスピード選考で夏休み前に内定を獲得できます!

【WEBでラクチン】WEB開催だから、就活や学業が忙しくて時間がない方や、遠方にお住まいで説明会に参加できない方も気軽に参加可能。チャット形式の座談会で疑問もしっかり解消します!

 

1DAYスピード選考会(対面開催/営業スタッフ対象)

説明会から一次面接までの採用フローを1日にギュッと凝縮した超スピード選考を実施!最短1週間で内定も可能です。感染防止対策の為、収容可能数の5分の1ほどの少人数制で実施いたします。安心してご参加ください。

いずれもお席に限りがございますので、お早めにご予約ください。

 

▼ご予約はこちら

マイナビ2022   WEB説明会 / 1DAYスピード選考会

リクナビ2022   WEB説明会 / 1DAYスピード選考会

新卒向け

パーティーの人、ピザの人、筋トレの人…ユニークなメンバーがリモート懇親会に集結!

皆さん、こんにちは。関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

この度、2021年卒内定者を対象とした内定者懇親会をリモートで行いました。

▲記念撮影の様子。個性豊かなメンバーが集まりました!

初回となる今回は、3つのテーマに沿って内定者の皆さんに自己紹介をしてもらいました。

一つ目のテーマは「私と言えば○○」、自身を紹介するにあたって真っ先に連想したフレーズを紹介していただきました。中には「私はピザの人です、ピザが好きすぎて食べるだけでなく、アルバイトで大好きなピザを配達する時にも幸せを感じます!」という方や、「友人とよくパーティーを企画するので、パーティーの人です。最近では無印良品のカレーシリーズを買い込み、手作りナンでカレーパーティーをやりました!」という方も!他にも筋トレの人、うどんの人、絶叫マシンの人など、ユニークな「○○な人」が集まりました!

二つ目のテーマは「私の宝物」。実際に実物をお持ちいただいて、それにまつわるエピソードを披露してもらいました。家族同然の愛犬や、自慢の時計、想い出のぬいぐるみなど、それぞれのキャラクターが滲み出る素敵な宝物を紹介していただきました。

三つ目のテーマは「関西不動産販売を選んだ理由」。「人を見て直感で選びました」という方や「先輩がこの会社で働いていて、良い人ばかりだと聞いたので」という方、「とにかく稼ぎたい!」という方まで、皆さん様々な理由で当社を選んでくれたようです。採用に関わる立場として、グッとくる回答ばかりでした。

皆さんのお話を夢中で聞いているうちにあっという間に二時間が経過、楽しい時間でした。彼らと一緒に働くのが今からとても楽しみです。

新卒向け

新しい仲間が続々!内定式を実施しました

皆さん、こんにちは。関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

この度、2021年卒業予定の内定者を対象とした内定式を実施いたしました。ソーシャルディスタンスの確保、手指の消毒、入場規制など、しっかりと対策の上で10月時点で内定が決定している全ての内定者が一堂に会しました。

内定証書の授与、自己紹介スピーチなど、皆さん終始緊張した面持ちでしたが、最後の記念撮影では素敵な笑顔を見せてくれました。来年皆さんと一緒に働けるのが楽しみです。

新卒向け

初回満足度100%!インターンシップ参加者の感想をご紹介!

皆さん、こんにちは。関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

本日、本年度の第一回目となるインターンシップが開催されました。参加者アンケートは10段階評価で平均9.6点、参加者全員が8点以上(=満足)と高評価をいただきました。初回の満足度はなんと100%!

今回は、参加してくださった学生さんたちの感想を一部ご紹介いたします。

▲ワーク中の様子。皆さん真剣な表情でワークに取り組まれていました。

 

・日ごろから大切だと思うことがあればメモを取るようにしているのですが、今回のイベントでは共感できること、重要なことなど、メモを取りたいと思うことが多すぎて困るくらい、為になる内容でした。

・御社の社風や社員の方のお話を聞き、この会社で働いている人がうらやましいと感じた。今までで初めての感覚でした。

・不動産知識ゼロでもできるワークを通し、不動産営業という仕事に親近感がわいた。知識・経験のない自分にもできることがあると知り、自信につながった。

・会社のこと、業界のことなど、、短時間でかなり詳しく教えてもらえた。ワークを通して仕事のイメージを掴むことができた。志望動機やガクチカなどの具体的な対策を教えてもらえたことがよかった。「企業目線で考える」というお話は、目からうろこでした。

・この夏、何社かインターンシップに参加しましたがその中でも特に自分の為になったと感じている。

・3時間という短い時間の中で、たくさんの学びがあった。メモを取るのに、ルーズリーフを4枚も使用したほどです。

・コロナの影響でグループワークが個人ワークに変更になったことはやや寂しかったが、経験のない新人営業でも「情報収集」と「思考力」を養うことで営業ができることを身を以て知った。就職活動にはネガティブなイメージを持っていたが、就活講座を通して頑張ろうと思えるようになった。

・就活に対する意識や価値観が変わった。ワークについては、コロナ対策の為にやむを得ないと分かりつつ、学生側も発言できる機会があれば…と思いました。ただ、しっかりとコロナ対策がされていたので、安心して参加することができ、満足しています。

9月以降の開催も検討しておりますので、ぜひご参加ください。

採用情報

業界研究からシゴト体験、就活講座まで、インターンシップ開催決定!

皆さん、こんにちは。関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

今年も、2022年卒の学生さんを対象としたインターンシップ(1day仕事体験)イベントを開催いたします。昨年、参加者満足度98.2%のインターンシップが、さらにパワーアップ!今年は「不動産知識ゼロで挑戦するリアルな営業体験」をテーマとした仕事体験ワークを追加し、昨年以上のボリュームで実施いたします!

不動産営業と言えば、「専門知識が不可欠」というイメージがありますよね。もちろん、不動産のプロとしてお客様のお取引をサポートするお仕事ですので、ゆくゆくは知識を身に着けていくことが求められます。しかし、入社したばかりの新入社員にはほとんど専門知識はありません。経験豊富な上司や先輩にサポートしてもらいながら、営業活動を行っていきます。

では、不動産知識のない新人営業はどのように物件の魅力をお客様へPRしているのでしょうか?今回のイベントでは、そんな新人営業になりきって、仕事体験ワークを行います。

ポイントは二つ。

一つは「情報収集」です。今の学生さんたちは、「ネオ・デジタルネイティブ世代」と呼ばれるなど、物心ついた時から情報機器が身近にあり、情報収集に非常に長けています。この強みを生かし、イベントではスマホやタブレットなどの端末で実際に情報を収集しながら、ワークを進めていただきます。

二つ目は、その情報を活用する為の「思考力」です。せっかく集めた情報も、ただ羅列しただけでは武器にはなりません。「ただの情報」である「information」を分析し「intelligence」に変換していくことが大切です。

例えば、ある物件に関してこんな情報があるとします。

  • 最寄り駅はJR京都線で、新快速が止まる。
  • この辺りは治安がいい。
  • この家は耐震性に優れている。

このままではただの情報ですが、

新快速電車が止まる為、交通の便がいい。京都方面、大阪・神戸方面のいずれにもアクセスがよく、共働きのご夫婦などは職場がそれぞれ違うエリアであっても通勤しやすい立地だ。また、治安がいい為子育て中のご夫婦にとっても住みよい街と言える。加えて、耐震性に優れた構造は、昨今多発する災害に対して危機意識を持っている顧客に対してアプローチできる要素だ。

とすれば、含まれている情報は先ほど羅列したものと変わりありませんが、話のタネくらいにはなりそうです。今回のイベントでは、収集したinformationをintelligenceに変換する練習も併せて行っていきます。

また、昨年大変ご好評いただきました就活講座は、さらにブラッシュアップして今年も実施いたします。「誰も教えてくれない本当の就活講座」と題して、就活の始め方から、実際の例を交えた志望動機、長所・短所、ガクチカまで、就活の基礎を全てレクチャーいたします。

本イベントは、新型コロナウイルス感染防止対策の為、各日程とも少人数で実施いたします。お席に限りがございますので、ぜひお早めにご予約ください。

▽ご予約はこちら

【9月】業界研究から就活講座まで満足度98.2%の1day仕事体験

ご予約にはリクナビ2022への登録が必要です。ぜひご登録の上、ご予約ください。皆さまとお会いできることを、楽しみにしております。

新卒向け

学生さんのご質問にお答えいたします!

皆さん、こんにちは。関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

今回は、弊社WEBセミナー等で学生さんからよくいただくご質問をご紹介します!

Q.WEB面接(一次面接)ではどこを見ているの?

弊社では、現在新型コロナウイルス感染症対策の為、一次面接をWEBにて実施しています。その中で、よくいただくのがこちらの質問。表情や仕草など、対面での選考よりも相手に視覚的に伝わる情報が少なく、学生さんにとっても面接官にとっても、お互いの空気感を感じ取りにくいWEBでの面接。選考の中でどこを見られているのか気になる学生さんが多いようです。

WEB、対面を問わず、まずはその方から受ける印象を大切にしています。表情、声音、話し方、話の内容や構成、言葉遣い、イントネーション、笑うタイミング、相槌の打ち方、身だしなみ…これらすべての要素をトータルしたものが、その方の印象を形作ります。ぜひ気負わずリラックスして臨んでくださいね。

また、弊社では学生さんの「主体性」に着目しています。主体性とは、自分の意志や判断に基づき行動する事です。主体性が現れたエピソードは人それぞれですので、質問の内容や深掘りするポイントも様々です。業界研究や企業研究など就活への取り組み方から主体性を感じ取れることもあれば、学生時代に取り組んできたことのなかにそれが表れていることもあります。大抵は皆さん自身が主体性が発揮されたと思うエピソードを伺うのですが、学生さん自身が気づいていないような全く違うポイントに主体性を見出してそちらを深掘りすることもあります。こういったケースは特に、学生さんからすると「どこを見られているか分からない!」と感じる要因かもしれませんね。

主体性は具体的なエピソードの中に現れます。これは「面接上手でも不合格、一体なぜ?」の中でご紹介していますので、ぜひご一読ください。

 

Q.選考結果はいつ頃来るの?通知方法は?サイレントって本当?

夏採用での選考結果の通知時期、通知方法は概ね下記の通りです。状況により通知時期や方法を変更する場合がございますが、その場合は面接時にその旨お伝えいたします。採否を問わず、結果をご通知いたします。

  • 一次面接→1週間以内

合否を問わず選考結果をご連絡差し上げます。通過の場合はお電話で、残念ながら不採用となった場合にはリクナビ2021、マイナビ2021のメッセージにてご通知しております。

  • 二次面接(最終選考)→2週間以内

合否を問わず選考結果をご連絡差し上げます。通知の方法も同様です。

 

Q.「WEBエントリーフォーム」って何?

WEBセミナーにご参加いただいた方へ、リクナビ2021、マイナビ2021を通じて「WEBエントリーフォーム」をご案内しております。WEBエントリーフォームは、一次面接にお進みいただくにあたって必要な質問事項にご回答いただく為のフォームです。皆さんのご経験や価値観を知る為のものですので、正解はありません。また、回答内容による書類選考等も行いません。簡単な質問ばかりですので、ご安心くださいね。

上記のフォームにご回答いただきますと、一次面接の予約ページが自動で送付されます。ご都合のいいお日にちを選んで、面接へご参加ください。

 

Q.文系でもインテリアコーディネーターやデザイナーに応募できる?

弊社では、設計士以外の全ての職種について、熱意があれば学部学科不問でご応募を受け付けております。熱意さえあれば、入社後の努力次第で十分活躍していけると考えており、その為選考でも熱意を重視しています。

 

Q.求める人物像は?

弊社は、若手のうちから責任ある仕事を任せ、また彼らの挑戦をバックアップする会社です。また、年齢や社歴にとらわれず、成果を評価します。その為、「自ら考え行動できる方、自ら学ぶ意欲のある方」そして「新しいことに挑戦できる方」とぜひ働きたいと考えています。

 

選考で皆さまとお話できることを楽しみにしております。まずはぜひWEBセミナーへご参加くださいませ。

新卒向け

若手社員の奮闘ぶりをマンガ化!デジタルブックレット公開!

皆さん、こんにちは。関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。

この度、弊社の採用パンフレットを公開いたしましたので、早速ご紹介いたします。

営業スタッフ、設計士、インテリアコーディネーター、施工管理、デザイナーなど、7人の若手社員たちの仕事体験を様々な絵柄でマンガ化!奮闘する若手社員たちのリアルな姿をぜひご覧ください。

就活ノウハウ

就活生の70%がハマる、ヒューリスティックの罠

皆さん、こんにちは。関西不動産販売(株) 採用担当の田川です。梅雨入りもまだだというのに、もうすっかり夏の日差しですね。コロナ対策のマスクも相まって、暑さが厳しい時期になってきました。

さて、5月から3回に渡ってお届けして参りました就活ノウハウですが、有難いことにご好評をいただいております。面接の中で、「役に立ちました」と嬉しいお言葉をいただくこともあり、大変喜んでおります。

私は面接の最後に必ず「何か質問はありますか?」とお伺いするのですが、最近「面接した感想を教えてください」とフィードバックを求められる機会が増えたように感じます。今回は、私がフィードバックで学生さんによくお伝えする内容をご紹介したいと思います。

これは面接に限らずコミュニケーション全般に言えることですが、質問をされたら相手が求めていることを汲み取って答えることが大切です。これだけを聞くと単純で当たり前のことのように思えますが、実はこれが出来ていない人は少なくありません。1日に10人面接したとして、正確に質問に対する答えを返してくれる学生さんはそのうちの3人程度。これは質問に対する答えが良いか悪いかではなく、「質問に答えていない」学生さんが7割以上ということです。

では、どうしてそんなことが起こってしまうのか。先日読んだ本にこんなことが書いてありました。

心理学で、「ヒューリスティック」と呼ばれる思考法があります。この思考法は、自身の経験や先入観から問題の答えを導く手法です。ここで説明するヒューリスティックは分かりやすく言うと、「経験則」のことです。

人間は、難しかったり論理的に検討するのが面倒な質問をされたとき、無意識に答えやすい質問に置き換えてしまいます。これがヒューリスティックです。

すると、面接の中ではこんなことが起こります。

「あなたが今までに主体的に取り組んだことは何ですか?」「はい、私が学生時代に頑張ったことはアルバイトです」

このやりとり、質問に対する答えになっていないのにお気づきでしょうか。面接官が訊ねたのは、「主体的に取り組んだこと」ですが、自分が取り組んだことの主体性を話の中で論理的に組み立てるのは脳にとって面倒なことです。主体的というのは「自分の意志・判断によって行動するさま」のことですが、この質問に正しく答えるには、人からの指示や予め決まったカリキュラムによるものではなく、自発的に行動したことであるとエピソードの背景を明らかにしながら相手に説明しなければなりません。なんだか難しそうですね…。

そこで、ヒューリスティックによって、質問の内容を答えやすい「頑張ったこと」に置き換えてしまうわけです。面接で学生時代に頑張ったことを聞かれるのは経験則からもすんなりと導き出すことができます。

会話がかみ合わない場合というのも、多くの場合がこのヒューリスティックによるものです。これらは無意識下で行われるので、常に自分の言動を意識することで矯正していくことができます。

例えば、販売のアルバイトをしているAくんが「この新商品について、お客様何か言ってた?」という上司の問いに対して、「反応良かったですよ!メチャクチャ売れてました!」と答えたとします。これも正にヒューリスティックです。「お客様が新商品について何を言っていたか」を経験則から「新商品に対するお客様の反応」に置き換えて答えてしまったせいで、事実(お客様のコメント)と意見(主観によるお客様の反応)を混同してしまっています

日常で多々あるこういった場面で、相手が何を問うたのかを意識して答えを出す訓練を続けていくと、正しく質問に答える力が身につきます。面接にも生かせるテクニックですので、ぜひ日頃から意識してみてくださいね。