デザイナー

奥平 七海Nanami Okudaira

2019年入社

勇気を出したからこそ、今の私がある。

今でこそデザイナーとして働いている私ですが、実は最初は営業職を志望していました。絵を描くことが好きでしたが趣味のレベルだと思っていましたし、それを仕事にするのは難しいだろうと考えていたからです。就活が始まってからは営業職として様々な企業の会社説明会に参加しました。そんな時出会ったのが、関西不動産販売でした。当社では、デザイナーを志望するのに学部学科の制限がありません。私でもデザイナーを目指せると知って、すぐに「やってみたい!」と応募を決意しました。当日、急きょ職種を変更したいと申し出てデザイナーの座談会に参加させてもらったので、とても勇気がいりましたが、あの時に勇気を出したからこそ、今の私があります。

チャレンジさせてもらえる現場。

私は今、「クリエイティブチーム」というところに所属しています。私が入社した年に新設されたチームで、主に広告やWEBサイトに使用するイラスト・漫画などを製作しています。仕事として絵を描くのはとても大変ですが、「あのイラストよかったよ!」「漫画面白かった!」と声をかけてもらえた時には、とてもやりがいを感じます。また、社歴を問わず一年目でも色々な仕事にチャレンジさせてもらえることも、魅力のひとつです。例えば、昨年の年末年始にお客様に配布したカレンダーや新年の「WEB年賀状」などは、入社一年目の若手デザイナーが制作しました。イラストに漫画、そして最近では動画の制作にも携わるなど、チャレンジづくしの一年でした。

仕事もプライベートも充実した毎日。

仕事中は人一倍デザインに真剣な方が、普段は驚くほど気さくでユーモラスであるなど、オンとオフの切り替えがしっかりしています。終業後には、ジムや料理教室に通っている方もちらほら。ちなみに私は、学生時代から続けている演劇の稽古に力を入れています。プライベートを充実させることが、デザインの肥やしになっているのかもしれません。また、意見交換の機会が多いなど、風通しの良さも気に入っています。

自分の課題を知れる楽しさ。

まだまだ半人前の私ですが、最近になって自分の課題が見えるようになってきました。自分には何ができて、何ができないのか…それを知ることが、成長への第一歩。社会人として、クリエイターとして、そして人として…こんなにたくさんの課題を見つけて、頑張ろうと思えるようになったことが、一番の成長だと思います。

チャレンジし続けること。

「自分に合った仕事」って何だろうと、模索しながら就職活動をしていました。たくさん悩みましたし、上手くいかないこともありました。それでも、その結果この素敵なご縁に恵まれたことに感謝しています。不動産もデザインも未経験だった私が、不動産会社でデザイナーをしている…今でも不思議に思います。どこに縁があるか分かりません。皆さんもぜひ、諦めずにどんどんチャレンジしてください。

チャレンジし続けること。

「自分に合った仕事」って何だろうと、模索しながら就職活動をしていました。たくさん悩みましたし、上手くいかないこともありました。それでも、その結果この素敵なご縁に恵まれたことに感謝しています。不動産もデザインも未経験だった私が、不動産会社でデザイナーをしている…今でも不思議に思います。どこに縁があるか分かりません。皆さんもぜひ、諦めずにどんどんチャレンジしてください。