施工管理

安江 茉莉Matsuri Yasue

2019年入社

自分の描く将来とマッチした会社。

私は今、建築現場を預かる施工管理の仕事をしています。私が住宅に興味を持ったきかけは、家族と一緒に訪れた住宅展示場でした。何度も通ううちに自然と住宅に興味を持つようになり、中学生になる頃には自分も建築に携わる仕事に就きたいと考えるようになったんです。その後、設計がしたいと思い、建築系の専門学校へ入学しました。入学後は設計やインテリアなど建築について幅広く学んでいましたが、中でもより現場に近い現場監督の仕事に魅力を感じるようになりました。そんな時、学校主催の合同企業説明会で関西不動産販売と出会い、ここでなら自分のしたい仕事が出来そうだと思い、入社を決意しました。中でも、キャリアアップを後押しする制度が充実していることが決め手でしたね。内定者のうちから懇親会や研修など、事前に同期となるメンバーと仲良くなれる機会があったことも、私にとって大きなポイントでした。

家が出来上がっていく感動。

当社は「不動産販売」という社名ですが、住宅の施工も自社で行っています。私たち施工管理は朝出社するとすぐに担当の現場へ出向き、作業の進み具合を確認しながら職人さんに指示を出します。…なんて言ったものの、一年目のうちは職人さんから学ぶことの方が圧倒的に多いのですが…(笑)家を建てるのに必要な基礎工事を施した後、柱や梁を組み立て、屋根の一番上の部材である「棟木」を取り付けます。これを「上棟(じょうとう)」というのですが、この作業はたいてい職人さんたちが一日かけて一気に行うんです。一日で家の形がどんどん出来上がっていくあの感動は、忘れられません。また、現場での作業だけでなく、図面を書いたり資材を発注したりと、毎日やることは尽きません。多くの図面や現場を見るうちに、完成後の住宅からは分からないような、壁の内部の構造や施工方法が理解出来るようになってくるんです。今はそのことがとにかく楽しく、勉強になります。

笑いを取ったもん勝ち。

施工管理は男性ばかりですが、年齢や性別を問わず皆さんフレンドリーに接してくれます。私たちは日中は担当の現場を回って建築の進捗を確認し、夕方頃になると事務作業のために事務所へ戻ります。各現場に必要な資材の発注や、工事工程の管理、図面の作成など、事務所に戻ってもやることは盛りだくさんです。事務作業がひと段落すると、今日現場であった話で盛り上がることもしばしば。会話が盛り上がるにつれ、オフィスで作業をしていた人たちがどんどん会話に加わって、最後は全員で雑談をし始めるなんてこともあるくらいです。とにかく面白い人が多く、「笑いをとったもん勝ち!」というくらい、毎日ボケとツッコミが炸裂しています(笑)

毎日学べる環境。

専門学校では二年間、建築について学んできましたが、机に向かって勉強するのと実際に現場へ出てホンモノを見るのとでは、理解度が全く違うことを痛感しています。ゆくゆくは建築士の資格を取りたいと思っているので、仕事をしながら勉強もできる恵まれた環境だと感じています。今は木造建築がメインですが、今後は鉄骨やRC造など、様々な知識を蓄えていきたいと考えています。

自分の目を信じて。

私は大学生の友人より、二年早く社会に出ました。その友人から、「自分がやりたいことが分からない」と相談を受けることがあります。そんな時によく思うのですが、私はまずたくさんのインターンシップや会社説明会に参加して、会社の雰囲気を肌で感じることが大切だと考えています。その点当社では、入社前にアルバイトとして仕事を体験することが出来ます。一緒に働く先輩たちの人柄や、現場の雰囲気など、入社前によりリアルに会社のことを知ることが出来ました。ネットでの情報収集に終始せず、自分の目で見て、肌で感じる…これが一番ではないでしょうか。学生生活を楽しみながら、就活も頑張ってください!

自分の目を信じて。

私は大学生の友人より、二年早く社会に出ました。その友人から、「自分がやりたいことが分からない」と相談を受けることがあります。そんな時によく思うのですが、私はまずたくさんのインターンシップや会社説明会に参加して、会社の雰囲気を肌で感じることが大切だと考えています。その点当社では、入社前にアルバイトとして仕事を体験することが出来ます。一緒に働く先輩たちの人柄や、現場の雰囲気など、入社前によりリアルに会社のことを知ることが出来ました。ネットでの情報収集に終始せず、自分の目で見て、肌で感じる…これが一番ではないでしょうか。学生生活を楽しみながら、就活も頑張ってください!